COMPANY

会社概要

■社 名 株式会社 門間箪笥店
(仙台箪笥伝承館)
■本 社 〒984-0061
仙台市若林区南鍛冶町143
(坂の中頃)→ Map
TEL:022-222-7083
FAX:022-222-1023
■代表者 代表取締役 門間 友子
専務取締役 門間 一泰
■設 立 1872年

沿 革

1872年
(明治5年)
内職で箪笥を作っていた伊達藩の足軽であった初代、門間民三郎が創業
1905年
(明治38年)
民造が後継したのを機に、2代目民治が金具名人、菊地松右衛門の金具のついた「野郎箪笥」製作
1928年
(昭和3年)
昭和天皇の御幸の際、宮城県より箪笥2棹を献上

登録有形文化財にも指定されている現在のショールームを三代目民造が建築

第1回東北産業博覧会にて内閣総理大臣賞受賞
1942年
(昭和17年)
物質統制が厳しくなり、漆も統制品となったため、時の商工大臣、岸信介氏に面会し、仙台箪笥製造のための漆の使用許可を求める
1945年
(昭和20年)
終戦。川内地区に進駐軍の「キャンプ仙台」ができる。将校住宅のDH家具の製造を依頼され、その技術の高さが米軍将校の間で評判となる。仙台箪笥の製造再開
1951年
(昭和26年)
第12回工芸指導所 優良工芸技術者選奨
1957年
(昭和32年)
仙台箪笥の技術継承への功績が認められ、三代目民造「黄綬褒章」受勲
1959年
(昭和34年)
美智子様ご成婚に際し、宮城県より「猫足両開き」を献上

江戸指物職人であった元工房長、青柳源次郎と三代目民造が「小箪笥」を開発

仙台箪笥の技術継承への功績が認められ、三代目民造「藍綬褒章」受勲
1965年
(昭和40年)
木下恵介劇場「二人の星」(主演:小林千登勢)の撮影舞台となる
1966年
(昭和41年)
三代目民造「勲五等瑞宝章褒章」受勲
1971年
(昭和46年)
ショールームリニューアル
1976年
(昭和51年)
「小箪笥 ざ・定番」シリーズ開発(一つ抽・二つ抽・三つ抽開発)
1995年
(平成7年)
仙台箪笥伝承館オープン「過去・現在・未来」をつなぐ歴史探求型ショールームを開設
2002年
(平成14年)
店舗・工房が文化庁より「登録有形文化財」の指定を受ける
2011年
(平成23年)
壱番、猫足両開きがグッドデザイン賞を受賞
COMPANY