CRAFTSMAN

職人の想い

先人が心をこめて守り育ててきた仙台箪笥には、時を重ねてなお多くの人を魅了する、日本の美と、技法が結集されています。

合理化された現代にあっても、先人が築いてきた手仕事による本物の良さを、未来に伝えたい。

—— 老舗としての責任と誇りの源となる、「ものづくり」への想いを、門間屋の職人に聞きました。

CRAFTSMAN - INTERVIEW-

CRAFTSMAN - INTERVIEW 1 -

Q1. 60年やってこれたのはなぜ?

同じ箪笥でもいろいろ型があって、やるたびに面白みがありました。作るたびに、ひとつひとつ違う発見があるというか。

Q2. 仙台箪笥をつくる魅力は?

箪笥つくりは、木材という自然のものが相手だから、何回やっても同じになりません。何より大事なのは、「面取り」です。昔、江戸指物出身のすごい名人 がいました。当時の斬新な商品はほとんどその人のアイデアで、今でもお客さんの支持が高い。なかなか名人と同じようには面取りができなくて、何度も仕事を見続けて学びました。

Q3. 職人として大事にしていることは?

道具作り だね。昔は食事の時間や寝る間も惜しんでやりました。そして、やっぱりお客さんに喜んでもらえることが大事。とにかく丁寧にやることです。丁寧に削ってあれば、塗りやすいし、綺麗になる。塗りが良ければ、金具をつけるときにもうまくいく。すべての工程はつながっています。日々の仕事には、今までの60年の経験がすべて生きていますね。雑用をしていた数年も、洋家具の先生にも師事して作った机とか腰掛け、食器戸棚の技術も、名人をひたすら見て学んだ時間もすべてが生きていますね。

前工房長青柳源次郎。名人と言われた青柳は江戸指物出身らしく、繊細かつ上品なデザインが得意で3代目民造と共に今に残る多くの商品デザインをした。 2 職人は一人ひとり自分専用の道具を持っています。鉋でも自分が使いやすいように刃を調整したり、土台を作ったり。自分だけの道具を作れるようになるのも職人の腕の一つです。
Q4. これからの門間屋について想うこと

若い人は、どんどん作ったほうがいいと思います。今、現代の生活に合う新しい商品にも挑戦して作ったりしていますが、自分にはできないものでもあります。変わった仕事があれば、その過程で技術を覚えていくし伸びますから。新しいものを作る中で、次の世代へ技術を継承していけたらと思います。

CRAFTSMAN - INTERVIEW 2 -

Q1. 仙台箪笥の魅力は?

ものづくりの根本なんですけど、昔のものってちゃんと土に還るというか。「循環」しているんですよね。今のものって、燃やすとダイオキシンが出てしまったり…。そういうものの中で、仙台箪笥は特にデザイン性が高いと思います。

初めて骨董屋で見たとき、古いものなのに、斬新な衝撃を受けたんです。何かを訴えてきてるような。仙台の「風土の宝だ!」と。こんなに素晴らしいものなのに、それをつなぐ、継ぐ人がいないというのがもったいないというか、残念で。自分が生きていくなかで、そういった仕事を残すことができたらいいなと思って、この仕事を始めました。

Q2. 実際に仕事をしてみて感じた難しさは?

ものづくりを突き詰めていくと、「生きること」にすべてつながっていきます。自然を感じ取って、素材に教えてもらい、周りに教えてもらい、自分のクセというか、性格とかダメな部分を全部教えられる。たとえば、段取りできないといったことが、そのまま出てしまいます。若いときから培ってきた生きる姿勢が表れますね。いいものをつくりたかったら、自分が変わらないといけない。「修行」ですよね。「自分は何も知らなかった」ということから始まりました。道具に教えてもらい、木に教えてもらい、本当に謙虚な気持ちで「教えてください」というところから入ることができた。教育的な意味でも、ものづくりは非常に効果のあるものだと思います。

Q3. 普段の仕事で大事にしていることは?

表現力は養っていきたいですね。独り善がりならないように周りの人とコミュニケーションを取りながら、わかりあいたいと思っています。わかりあうために、いろんな「道具」を使って表現していきたい。言葉もその一つの道具だと思うんですけど。あ、周りの人っていうのは、一緒に働く人だけじゃなく、接点のある人すべてです。誤解って何で生まれるかっていうと、言葉や思いやりが足りなかったりすることだと思うので、技術とはまた違う部分ですが、気をつけていきたいです。後はやっぱり、喜んでもらうこと。一人が喜んでくれるのではなくて、携わるみんなが喜んでもらえるようなものにしていきたいです。

Q4. 今後、門間屋をどうしていきたい?

 新しい商品づくりにも挑戦しながら、お客様にも甘えないよう、何かを共有できるものを発信していきたい。門間屋の一員として、盛り立てていけたらいいなと思ってます。

 僕自身が目指している夢は、土に還す…ということ。「材料から朽ち果てていくまで責任を持ちます」という「ものづくり」ができたら、もっと幸せな文化や世界を創っていけると考えています。後世につなぎ続けられるようなものづくりを実現したいです。

CRAFTSMAN - INTERVIEW 3 -

Q1. 初めて仙台箪笥を見たときの印象は?

面白いな、と。箪笥って寝室にひっそりあるイメージだったんですが、門間屋の年代もの箪笥を見て、骨董のように見えて、金具が自己主張してるけど、単品でも映えるし、これだったら居間にも置いておけるなと思いました。伝統的に作られた形は、歴史的な意味も込められていていいですね。

Q2. 仙台箪笥をつくっていて、大事にしていることは?

 昔はお碗でも何でも、欠けてしまったら修理できたし直しながら使えました。それが伝統工芸のよさだと思っているのですが、そういうところが今はなくなりつつあります。門間屋みたいに作ったものを直すことのできる場所がない。時代の流れという人もいますけど、やっぱり伝統工芸品としては使い続けられるという魅力はなくしちゃいけないんじゃないかと。こういう工芸品を求めている人って、コストの先にある良さを大事にしているはず。だからこそ、譲りたくない部分ですね。

それこそ機械で簡単に塗れるような「漆もどき」の化学塗料もある。でも、そういうものに負けたくないですね。漆って悪くいえば、すごく面倒な塗料なんです。ただ乾燥させているだけでは乾かないし、そうやって多くの時間をかけてつくっているものが、素人目にはわからなくても使っているうちに違いって出てくると思います。

今もすべて本物の漆を使ってお直ししていますし、「伝統工芸です」と言っている以上、そこはプライドを持って踏ん張りたいです。
Q3. 仕事をやっていてよかったと思った瞬間は?

やはりうまく塗りを仕上げられたときでしょうか。塗りの仕事って、自分の都合ではできないんですよね。一気に終わらせることができなくて、一工程、一工程乾かさないといけないもの。一回一回の工程の仕事ぶりが、後々響いてくるんです。油がついているところとそうでないところの差が出たり、乾燥が速く進んでしまうと真っ黒になるし、収縮してシワが残ってしまったり。他の漆職人の方が言っていたのですが、「漆を使う」んじゃなく、「漆とうまく付き合う」…という意味がわかってきました。やっぱり「生き物」なんだな、ということを仕事をやっていて相当感じます。あとは、直しの納品に行ったとき。依頼してくださった方の御祖母さんが嫁入りのときに持ってこられた箪笥だったんですが、涙ながらに喜んでくれて…嬉しいと思うのと同時に、もっと技術を向上させなくてはと思いました。この仕事を選んで良かったと思っています。

Q4. 今後、門間屋をどうしていきたい?

人によって色合いが変わるものだからこそ、技術をさらに上げて、「ここの塗り、いいよね」とお客さんに言っていただけるようになりたいですね。会社として、工芸に携わる者としては、素材にこだわったものをつくり続けられたらと思っています。